剣道の防具を買い揃えよう|万全な手入れで長持ちします

購入する際に注意する

面と籠手

剣道の防具を購入する際は、必ず1度着てみるようにしましょう。着てみなければ動きやすいのかなどが判断できません。値段だけで判断してしまう方もいますが、趣味の範囲で行う際は、値段よりも質を重視しましょう。

Read More...

武道具の選び方

試合

剣道の防具を購入する際には、自分の体型に適したサイズの製品を選ぶ事が大切で、サイズが合っていないと怪我の原因になるため注意が必要です。防具は身を守るために必要な物なので、軽さやデザインよりも、衝撃に強い防具を選ぶ事がオススメです。

Read More...

気になる初期投資とニオイ

構え

意外と安い初期投資

剣道の防具は一般的に高価なものだと思われています。確かに剣道の段位が上がり、手作りの防具類がふさわしくなってくる場合があります。このような場合には百万円単位の金額になります。しかし、中高生のクラブ活動レベルの場合では意外と金額はかかりません。面や胴といった防具類、竹刀や剣道着など一式揃えても5万円前後で揃えることができます。この中で消耗品と言えるのは竹刀くらいです。これに対して例えば野球の場合にはユニフォーム、アンダーシャツやスパイク、バットやグローブなど様々な種類の道具類が必要です。そしてその多くは洗い替えが必要であり、消耗品だと言えます。合計すると10万円以上になることも珍しくありません。

ニオイ

剣道着の洗い替えは必要ですが、丈や身幅の調節を紐ですることができますので、成長期でも三年間くらいは着ることができます。剣道着は手洗いをすることにより自宅で洗うことができます。防具類は普通の成長度合いなら買い換えることはまずありません。もちろん壊れることもまずありません。しかし防具類は基本的に洗うことができないので、ニオイが気になります。おすすめすることはできませんが、垂れや小手などの布で出来ている箇所を自分で部分的に洗うことは可能です。素人が洗うことが不安な場合には、専門のクリーニング業者もいますので、依頼することをおすすめします。ニオイが気になるからといってわざわざ防具類を買い換える必要はありません。

実店舗とネットショップ

竹刀と籠手

剣道の防具を実店舗で購入する場合は試しに着けてみることができるので、体にフィットしたものを購入できます。また、店員と相談しながら購入することができるので、剣道を初めてやる方に最適です。ネットショップで購入する場合は価格が安いメリットがあります。

Read More...